50代からの化粧品は重要


50代の肌こそ化粧品選びが肝心

コメントは受け付けていません。 コメントはまだありません»
3月 16, 2015 at 3:24 PM

テレビのコマーシャルで基礎化粧品を宣伝するのに、20代とおぼしきタレントさんを使って小じわだの弛みだの言っているのを聞くと大袈裟な感じがします。

もちろん20年後30年後に向けて、若い頃から予防的な意味で入念にお手入れすることは大事ですね。

でも、本当に化粧品に効果を求めたくなるのは50代からだと思います。

10代や20代なんて余り神経質に化粧品にこだわる必要はなくて、大して手入れしなくてもハリが根本的に違いますよ。

まあ、そのハリを維持するために若い頃からのケアが重要と言われればそれまでですけどね。

肌の衰え方にも個人差がありますが、私の実感では20代や30代なら寧ろ紫外線対策を怠らない事がポイントではないでしょうか?

紫外線さえ気をつけておけば将来の弛みやシミも防げます。

しかし、紫外線対策だけでは不十分でリッチな化粧品を使いたくなるのは50代からでしょう。

どういう事かというと、顔だけでなく身体のあらゆる所が格段に衰え始めるのが50代だと思うんです。

40代前半くらいまでは生活習慣に気をつけてお手入れしていると、未だ未だ綺麗で捨てたものではありません。

何故なら、顔の皮膚はもちろん髪も血管とか内臓でも大して歳を取ってないわけです。

食事とかスキンケアとかにちょっと気を使っていると効果を実感しやすいのが40代まで。

しかし、50代に差し掛かると40代まで使っていた化粧品では物足りなくなります。

食事とか睡眠とかの他の条件は同じようであってもです。

老化のレベルとして40代までとは異質な50代では、特に老化に配慮した化粧品に切り替えた方が良いでしょうね。

もし、若い人が使うような化粧品を使い続けるならコラーゲンを飲むなど内側からの対応が必要です。

50代なんて美容成分のサプリメントを飲んでいても、なお且つ年齢にあった化粧品を使うべきだと私は思います。

それで私が製品選びのために見たサイトがこちらです。

50代からの化粧品を考える

皮膚のハリを保って乾燥を防ぎシミを出来にくくする機能が、特に強化された製品を選びましょう。